二重切開法の手術の方法と成功や失敗の違い。切開法・目頭切開法のこと。術後の経過やアフターケアなど

切開法。二重まぶたの手術法で、切開法・目頭切開法

切開法。二重まぶた

美容整形の二重まぶたの手術のひとつが切開法です。SM法、SMK法では二重になりにくい方などに実施されます。 切開法は皮膚のたるみが気になる人、脂肪がたまって腫れぼったいようなまぶたや、よりはっきりした二重まぶたを望む方 にはむいた方法です。 手術の前に二重の幅やライン及び形状について実際のイメージを作ります。 希望する形状にあわせてマーキングします。十分な時間をかけ納得のいくまで行います。

部分切開法(小切開法)

希望する二重まぶたの線の上を、わずか数ミリ切開して行う二重まぶたの手術です。切開によって作る二重ですので埋没法よりも長持ちします。 小切開法の手術時間は、30 - 40分程度で、それほど腫れは伴いません。 5−7日程度で抜糸ができます。 1ヶ月で、基本的には仕上がります。

二重の小切開法の手術の後は、食事は制限はなく、 翌日から洗顔、メイク、シャワーが可能ですが、 入浴は抜糸後からの方がよいです。

部分切開法のメリットは、

  • 全切開に比べ腫れが少ない
  • 傷が目立たない
  • 切開によりますから、二重まぶたが取れにくい
部分切開法のデメリットは、
  • 埋没法よりは腫れる可能性がある
  • 厚ぼったいまぶたの人には向かない
切開法は皮膚を切開し、余分な脂肪を取り、そこで縫い合わせることで、ひだができるようにします。 縫合を二重まぶたのラインにそって行いますので、 切開法は傷跡は目立ちにくい方法です。

目頭切開法

目頭切開法とはモウコ襞によって目が小さくみえてしまっている状態を改善させる手術方法です。また目と目の間の広がりも治せます。 目頭切開法は目の大きさ以外にも目元の印象を大きく変化させるため非常に満足度の高い治療です。

目頭部分に麻酔をし、希望のデザイン部分に切開を加え、余分な皮膚や組織を切除します。目の大きさや左右のバランスなどを総合的にチェックし、問題なければ傷を縫合して目頭切開法の手術を終了します。

目頭切開法の手術時間は、60分程度ですが、普通は二重の手術と同時にします。 約7日で抜糸ができます。 1ヶ月で、基本的には仕上がります。

目頭切開法の手術の後は、食事は制限はなく、 翌日から洗顔、メイク、シャワーが可能ですが、 入浴は抜糸後からの方がよいです。

切開法の長所・短所について

埋没法と比べた切開法のメリットとデメリットは次の通りです。

なんといっても切開法のメリットは、 二重まぶたは永続で、一重に戻ることはない方法だということです。 加えて、切開法を使えば二重まぶたにしただけでなく まぶたの脂肪や皮膚のたるみも取り除って、より美しくなれるのがいいです。 そして切開法では埋没法よりも はっきりとしたより美しい二重のラインが出来る という特長もあります

切開法のデメリットは やはり二重瞼の術後に腫れが出て、少し内出血します(1〜2週間程度)。 傷はあまり目立たないが、埋没法よりは少し残ります。 二重まぶたの幅や形の変更はほとんどできません。 また、埋没法と比べると費用も高めです。

このページのトップに戻る
Copyright 2006 二重まぶた。アイプチが、簡単な二重まぶたにする方法です。 All rights reserved.
切開法は、二重手術でもっとも強力です。部分切開法と目頭切開法を合わせれば、きっとすばらしい二重まぶたが得られます。